食べる日焼け止め ホットヨーグルト

食べる日焼け止めとして、ホットヨーグルトが、先日、テレビで紹介されていました。

これまでも、いろいろなテレビで、何回も紹介されてきたみたいなので、それだけ、ホットヨーグルトの、食べる日焼け止めとしての効果が、期待できるのかもしれないですね。

なんといっても、食べる日焼け止めとしてのホットヨーグルトって、作るのが、とっても簡単っていうところが、素敵だと思います。


無糖のヨーグルトを、食べたい分だけ、お皿に入れて、ラップをかけないで、

電子レンジで、40秒ぐらいチンするだけで、「ホットヨーグルト」完成。


ヨーグルトを、そのまま摂取するだけでも、とても身体にいいのですが、

このように、ホットヨーグルトにして、体内に摂り入れることで、

食べる日焼け止めとして、良い効果をもたらしてくれるっていうんですから、

こんなにうれしい食べ物は、ないですよね。


どうして、食べる日焼け止めとしての効果が、期待できるのでしょうか。

「乳酸菌は、体内に入って、腸に到達すると、そこで、腸内環境を、良くしてくれるので、

それによって、血液の循環が良くなり、皮膚などに、重要な栄養素が、行き渡るようになる」んだそうです。


さらに、その乳酸菌を、温めた状態で摂取することで、

「腸内に入るまでに、温まった状態になっていることで、冷たい状態で、摂取したときよりも、早く活発に活動してくれる」ことで、より効率的に腸内環境を良くしてくれるんだそうです。


さらに、食べる日焼け止めとしてのホットヨーグルトを、もっとも効果的に摂取するタイミングっていうのが、あるんだそうです。

そのタイミングは、夕食後なんだそうです。


肌の新陳代謝が、活発になるのは、夜。

その夜に、この食べる日焼け止めの「ホットヨーグルト」が、腸内に入ってくることによって、より活発に働いてくれることになるので、肌の新陳代謝が、より上がるっていうことに、なるんだそうです。


では、1日にどの程度の量のホットヨーグルトを摂取するといいのでしょうか。

答えとしては、「1日に、200グラム」程度なんだそうです。

ただ、一気に200グラムのヨーグルトを食べようとすると、大変に感じるはずなので、

朝と夕食後とかに、分けて食べても、いいんだそうです。

 

ところで、毎回、ヨーグルトを購入するっていうのも、いいのですが・・・

今、流行のヨーグルトメーカーで、作っておくっていうのも、いいんじゃないでしょうか。

こちら⇒ヨーグルトファクトリー エクストラ TKSM−019【沖縄・離島への配送不可】 ...

これ、ヨーグルトを作るためだけに特化した商品で、コスパも優れているので、おすすめです。
 

 
 

スニーカー 人気 ブランド

 

 

 

© 2017 食べる日焼け止め rss